2007年02月08日

梅に鶯

立春を迎えたら、温暖化の影響もあって、すっかり春のよう。日吉の街も梅の花が満開で、鶯が蜜を吸っていました。通り過ぎると、そこはかとない香りが追ってきて、うれしくなります。桜のように派手ではないけど、もう一度振り返りたくなる。テレビをつけても、電車の吊り広告をみても人を切り刻む様な事件の垂れ流しは、気持ちを荒ませます。さーて、いつものように、楽しんで!先日、ART集団『なまいき』のデビッドとお仕事で関わりました。柔らかく、しなやかなんです。あんな風に生きたいな。そうそう、イッセー尾形さんたちも。
 今晩、夜10時から、WOWOWで小栗康平監督作品『埋もれ木』をやります。ぜひ、ご覧下さい。はじめて、この映画を観たとき、とても良い気持ちになった覚えがあります。現実の世界に対して、こんな形のアプローチもあるのだと。
 この4月から1年間、藤木勇人がハングル語講座に出演します。明日はそのテキストの撮影があります。どんな形になるのか、楽しみです。
先日、日大芸術学部の授業の一環で、安部公房の『第4間氷期』を伊藤裕平が構成演出をした。おもしろかった。安部公房は新しい。アニマで安部作品を取り上げていければ、と思う。例えば、『棒になった男』を藤木勇人でやるとか。考えると楽しくなってくる。柔らかに、しなやかに。そして、私に一番欠如している、したたかに!をめざして!
 


posted by 下島三重子 at 12:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
同級生の韓流ブームにまだ、どっぷりの友人に勧めます、ハングル語講座。
ドラマには興味ないんだけど、美味しそうな食べ物には反応しちゃいます。
Posted by audrey at 2007年02月09日 01:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。