2009年12月03日

かじまやー カメおばぁの生涯 その27 平良謙さん

警備役の謙さんは、田原さんの劇団の若手。芝居のオーデションの時から、田原さんの助手であり、運転手であり、という形で、打ち合わせなどに同席していた。どんな時にも黙って、そこにいる、という風だったので、役者より、制作志望なのかなあ、と、思っていた。警備役の人選は田原さんにお願いしていたら、本読みに、彼が役者として現れた。それが、声もいいし、芝居もいいのである。そうか、役者として育てようとしていたのか、と納得。本読みに1度つきあっただけである。舞台の上で、どんな風に成長しているか、楽しみです。
謙.jpg


posted by 下島三重子 at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。