2009年12月03日

かじまやー カメおばぁの生涯 その25 仲地未寿々さん

北谷病院の上原看護士役の未寿々ちゃんは第1回の受講生。試演会でのおばあの名演技が忘れられない。FM北谷で夕方の自分の番組を持ったので、演劇教室には参加出来なくなったが、スタジオのガラス越しによく挨拶しあったものだ。どんなに辛いことがあっても、気丈に振る舞う姿に、頑張らなくてもいいいよ。と、声を掛けたくなった。今回の芝居出演を誰よりも喜んでいてくれた、夫さんもきっと、グソーから応援してくれているはず。未寿々ちゃん、頑張って!

★仲地未寿々さんのコメント
栗山さんが、わざわざ沖縄に来てワークショップを、って聞いて、ホントに吃驚した。「ナビー」も「チルー」も見ていたし、東京でどんなに凄い人かも知っていたので、すぐ応募しました。受講して、凄く楽しかったけど、プロの役者さんたちが真剣に演じているのを見て、私なんかが、って、2回目からは遠慮してしまいました。でも集大成の芝居をやるって聞いて、是非やってみたい、と、応募しました。出番は少ないけど、上原のセリフが、物事のきっかけやポイントになっているのが多いので、緊張しています。
みすず.jpg


posted by 下島三重子 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。