2010年01月04日

新年のご挨拶

2010年三重子年賀.jpg
昨年の暮れより、珍しく?倒れ、眠っているか、本を読んでいるかという、贅沢な?日々を過ごしてしまいました。
そして、初夢は、沖縄にいる私でした。12月17日まで、沖縄にいたのに、また沖縄か!と思っている私もまた、夢の中にいました。起き上がって思い出したのです。倒れる前、私は沖縄でやった芝居、「かじまやーカメおばあの生涯」を、どうやったら東京に持って来られるか、について、悩んでいたのです。なんといっても、出演者28人、スタッフを入れると35人の飛行機代がかかります!でも、沖縄での5回公演は立ち見も出る大盛況で、多くの方々から、これは東京でやるべき!と言われたのです。沖縄と関わって20年、沖縄の置かれている立場を少しでも知って貰いたい、と私自身も思います。それに、ある方から言われたのです。「この芝居には神がおりてますよ」と。いえ、宗教家ではありません。某大学のこの4月から学長になる方です。やはり、実現せねば、と思います。新年の挨拶に申し訳ありません。「実現のためのお知恵をくださいませ!」ええー、こう言っているのは、勿論初夢から醒めた私です。「かじまやーカメおばあの生涯」の詳細は以下の通りです。
原作・平松幸三 脚本・下島三重子 演出・栗山民也 
出演・吉田妙子・藤木勇人・普久原明・金城翔子・きゃんひとみ他。
アニマ・エージェンシーのブログに、出演者の紹介などしています。
それから、脚本を担当した、槙坪多鶴子監督「星の国から孫ふたり」が、2月13日〜2月26日まで、ポレポレ東中野(JR東中野駅西口)にて、公開されます。こちらもご覧頂ければ幸いです。
宣伝のようなご挨拶となりましたこと、お許しください。
皆様にとっても、この1年が、心満たされる1年であることを願って!

2010年寅年元旦 下島三重子


posted by 下島三重子 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。