2006年10月12日

多々良さんありがとう・ZAMPA公演の感謝 ありがとう!

 9月30日、所属する多々良純さんがお亡くなりになりました。1週間前の23日、お家に伺ったときには、お布団の中ではありましたが、お元気で、「中山監督が映画の準備をしていて、多々良さんに出て頂きたいっておっしゃってました」の私の言葉に、「そう、まあ、よろしく」。どんなに親しい人のお葬式にも出ることはなかった多々良さんは、自分も家族だけに看取られて、風の様に去っていきました。前向きで、後を振り返らない多々良さんは、お会いしても、多くは語らなかった。でも、その時々、人生の珠玉のような言葉をたくさん頂いた。心から感謝しています。
 10月6日、昨年から関わってきたZAMPA残波大獅子太鼓の東京オーチャードホール公演が終わりました。富山公演で大怪我をした史乃ちゃんが、気力で復帰、リズミカルなバチ捌きに優美さが加わって、ハッとしました。千里ちゃんの笛に涙。7人の団結力の素晴らしさ。ありがとう!年ばかり取っても、素人の私を、心配して、手伝ってくれた丹羽さん、まりちゃん、篠、きゃんさん、水野さん、国広さん、神さん、毛利さん、ちわちゃん、久田さん、石田さんたち、多くの友達、そして、サンライズの高橋さん、近藤さん、大腸ガンの手術後の体を押して舞台監督復帰してくれた吉利さん、池永さん、スタッフの皆さん、もちろん、栗山さん、勝柴さん。何より、台風の激しい風雨の中、劇場に足を運んで下さったお客様に感謝です。終わりに、私の無謀な行動を、黙って支えてくれた夫、家族にありがとう。
今回観られなかった方たち、NHK芸術劇場で収録してくれたので、しばらくすれば、観られます。
 10月22日15時、兵庫県立芸術文化センター大ホールにて、ZAMPA沖縄から、公演があります。ぜひ!


posted by 下島三重子 at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

もうあと、3日

今日も残波大獅子太鼓の公演準備。
物は良いはずなのに、半分も入っていない(T_T)
もう倒れそう・・半分倒れてます、下島は。
と言いながらも、何とか自分の気持ちをかき立てて
多くの人に知ってもらおうと、頑張ってます。
観て聴いた人たちはみんなすごいって言うんだけどねー
こればかりは観て貰わないと・・・
だから皆さん、絶対に見に来てね。お願い!
posted by 下島三重子 at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。